【マンガ】カット&ペーストでこの世界を生きていく 三巻のあらすじ・感想

カット&ペーストでこの世界を生きていく 三巻のあらすじ

前半のあらすじ

シルフィの兄「シスコンのアルト」が妹の婿としての資格があるか試すためにマインと手合わせを提案する。

シルフィは反対するがマインはアルトに認めてもらうため手合わせを承諾する!

手合わせ開始早々アルトはマインの表情で「鑑定・全」を使用したことを見抜く。

スキルの数ではアルトを圧倒するマインだけど完全に戦闘はアルトのペースで進む。

アルトは3つしかないスキルを巧みに組み合わえ戦闘を有利にする反面、マインはスキルに頼りすぎるが上にスキルに振り回されてしまう。

アルトは自分の欠点に気付きマインに勝つことが出来るのか!!

後半のあらすじ

性格のひねくれたクロードからシルフィを掛けた勝負を挑まれる。

勝負の地は「神霊の地」。

ここにはフェンリルと言う神獣が住んでいるといわれていてクロードはマインとの勝負のウラで殺し屋集団を雇いフェンリルの捕獲とマインの暗殺を依頼していた・・・。



三巻の感想

シルフィの兄のアルトって取得スキルも結構いいもの持ってるんだけど、それ以上に戦闘経験・センス抜群で超強い!

マインをシルフィの婿として相応しいか見極めるといいつつ、実はマインに戦闘の色はを教えているところなんかは熱く優しい人物なんだな~ってヒシヒシ伝わってきましたね。

それよりクロード・・・マジで正確ひん曲がってますね(;^_^A

ドラゴンを「隷属の首輪」で無理やり服従させて兵器として売りさばくだけでは飽き足らずフェンリルまで捕まえようとする強欲さも憎らしい!

こんな奴がマインと正々堂々と勝負するとは思えないですよね・・・。

次巻のマインの行方が気になます。






この記事へのコメント