【マンガ】カット&ペーストでこの世界を生きていく 二巻のあらすじ・感想

チート級のスキルを取得したマイン。


そのスキルは「他人のスキルを剥がし奪い取れる」ものだったなよね。


「他人のスキルを剥がし奪い取れる」=「その人の人生を終わらせてしまいかねない」ことからマインは一人で生きて行こうと決意するんだけど

「災害級のモンスター」オーク・キングと森でかち合い戦闘となるんだけどオーク集団との戦闘もあり苦戦。


アイシャやシルフィの加勢によりガチのオーク・キングとの闘いが始まり!!





二巻のあらすじ

アイシャとシルフィの加勢でオーク集団とオーク・キングとのガチバトルが始まる。


「カット&ペースト」と「鑑定・全」のスキルの力を使いオーク・キングのスキルを自分の物するマイン。

死闘の末オーク・キングを撃破!!

その後マインの自宅にもどろ第一王女シルフィからとある理由から求婚される。

なんと!アイシャもマインに気持ちを寄せていたのもそこで発覚!!

成り行きでアイシャもマインに求婚・・・。

マインは幼少期から一人で家で過ごしそのとで物凄く孤独感を内に秘めていてアイシャやシルフィにその感情をあらわにする。

吹っ切れたマインは二人に「家族になってほしい」と打ち明ける。

マインの家を出る所を「クロード」というシルフィに思いを寄せる性格の悪そうな貴族にみられてしまう。

そんなこととはつゆ知らずマインとアイシャは迷宮で戦闘に励む・・・。

二巻の感想

いや~アイシャやシルフィの支援があったけど「災害級モンスター:オーク・キング」を倒しちゃうマインもすごいですね!

それに!アイシャやシルフィに求婚されるなんて・・・超!羨ましい( *´艸`)

もてない村の住人として焼けちゃいますね!!若いころはクリスマスやバレンタインデーは大っ嫌いでしたよ・・・(今は結婚して子供いますけど・・・(;^_^A)

後二巻の中盤でマインが鍛冶屋で気に入った短剣を譲り受けたときに実はその短剣は父親が愛用していたものだってわかった時はちょっと感動しちゃいました(涙)

そうそう、性格の悪そうなクロードってキャラも今後マインとシルフィの仲をどんな風に邪魔してくるのか気になりますね。

二巻に入りマインの強さに磨きが掛かるんですがその強さの半面、マインの戦闘における欠点も次第にあらわになってきているので、その欠点をどう克服するのかも楽しみです。





この記事へのコメント