[マンガ]カット&ペーストでこの世界を生きていく 一巻を読んでの感想・ネタバレ

みなさんこんにちは!こんばんは!

異世界ライフ楽しんでますか(なんちゃって汗)

ヤングジャンプで連載していたマンガ:カット&ペーストでこの世界を生きていくって言うマンガ面白かったので一巻を読んでの感想を書いてみたいと思います。



一巻のあらすじ

聖剣トゥワリングそして勇者に憧れる主人公マイン。

15歳になってスキルを授かりに王都の神殿を訪れる。

そこで取得したスキルは「カット&ペースト」と「鑑定・全」と言うスキル。

特に「カット&ペースト」は普段であれば「カット」と「ペースト」を別々に取得するはずが主人公は同時に取得してしまった。

そういった事例は稀なことらしい。

そして「鑑定・全」は神殿の司祭ですら初めて見るスキルらしく全てのものを鑑定できる別名「神の目」と言われる上級スキルらしい。

それだけでもチーっとぷりが凄そうなんだけど、王都より馬車で村へ帰る途中、自分のスキルの凄さを目の当たりにする。

なんと鑑定スキルで相手のスキルを見抜き、カット&ペーストで自分のスキルにしてしまう!


普通であれば一人が授かれるスキルは3つまでなのに、主人公は自分のスキルを駆使することで相手のスキルを切り離し自分のものに幾つでもすることができる。

スキルの凄さに気がつき「これって人のスキルを奪うことでその人の人生を終わらせてしまう・・・。」と悩むマイン。

そんな悩みを解決するため「一人で活動する冒険者」になるため王都の冒険者ギルドに訪れる。

そこでトラブルに巻き込まれ負傷してしまうマイン。

成り行きからアイシャがマインの専属受付嬢となり冒険が始まっていく。

一巻の感想
特殊な形でスキルで相手のスキルを切り剥がし自分のものにするってところでマインが悩むところがなんだか優しい人柄でてますよね。

また、普通なら一人3つまでしか取得できないスキル数がマインのカット&ペーストのスキルのおかげで一巻現在では無制限でものにできるってのも恐ろしくチートっぷりを発揮しているところが逆に今後どんな副作用があるのか気になるところです。

それにイザコザに巻き込まれ格上の冒険者を圧倒したマインに疑念を抱いたギルド長に強さの謎を詰め寄られ、スキルの秘密のせいでせっかく入れた冒険者ギルドから追放になったことから今後もマインには色々な試練があるんじゃないかって思って次の巻を早く読みたくなります。



この記事へのコメント